【動画】道路清掃車とタクシーが衝突し、2台が歩道に乗り上げた事故現場=依知川和大撮影
[PR]

 21日午前9時20分ごろ、京都市南区四ツ塚町の国道1号交差点で、タンクを積んだ道路清掃車とタクシーが衝突し、歩道に乗り上げた。タクシーの乗客の男性が死亡し、巻き込まれた歩行者ら男女6人が重軽傷を負った。京都府警によると、清掃車は赤信号で交差点に進入しており、同乗していた男性は「運転手が事故直前に意識を失った」と説明しているという。

 京都府警は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、清掃車を運転していた清掃会社員の中山茂蔵容疑者(45)=同府宇治市=を現行犯逮捕。容疑を同致死傷に切り替えて調べている。「詳しい状況は覚えていない」と供述しているという。

 南署によると、清掃車とタクシーはともに直進し、出合い頭に衝突。ドライブレコーダーの映像ではタクシー側が青信号で、現場にブレーキ痕はなかった。

 この事故で、タクシーの後部座席に乗っていた同府向日市の松浦邦彦さん(76)が全身を強く打って死亡し、自転車に乗っていた女性(60)も頭に大けがをした。軽傷とみられる5人はタクシーに乗っていた松浦さんの長女(50)、タクシー運転手の男性(44)、歩行者の80歳と81歳の女性、清掃車の助手席にいた男性(35)。

 現場は世界遺産・東寺のすぐ近く。歩道では複数の自転車が横倒しになり、清掃車が突っ込んだ信号機は支柱が大きく傾いた。