[PR]

 7月に日本を訪れた韓国人旅行者数は、前年同月比7・6%減の56万1700人だった。観光庁が21日、発表した。減少は2カ月ぶり。今年1~7月の累計では、前年同期比4・3%減だった。

 日本政府観光局によると、最近、韓国からの訪日客は、ベトナム旅行の人気が高まるなど渡航先の多様化や、韓国経済の低迷の影響で、低調な状態が続いている。この傾向に加えて、7月は日韓関係の悪化を背景に訪日旅行を控える動きがみられたことも、落ち込みにつながったとみられるという。

 訪日客全体でみると、7月は前年同月より5・6%増えて299万1200人だった。(田中美保)