[PR]

 河野太郎外相と韓国の康京和(カンギョンファ)外相は21日、日中韓外相会談のため訪問中の北京で会談した。元徴用工問題や輸出規制強化をめぐる議論は平行線で、韓国で破棄を求める声がある日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA〈ジーソミア〉)の行方も示されなかった。袋小路の日韓関係に中国の王毅(ワンイー)国務委員兼外相が融和を促す異例の場面もあった。

 会談は通訳を交えて約40分行われた。日韓両政府によると、日本の対韓輸出規制強化について、河野氏は「一定の条件が満たされれば(当局者間の)会合に応じる」と説明。康氏は「状況は厳しい」と指摘し、速やかな措置撤回を求めた。

 日韓が軍事技術や戦術データなどの防衛情報を共有することを定めたGSOMIAの協定期限は1年で、一方の国が破棄の通告をしない限り毎年自動延長される。24日の破棄通告期限を前に、韓国では破棄を求める声も高まっているが、河野氏は会談後、議論の中身を明らかにせず、韓国側も康氏が会談で「(対応については)検討中だ」と語ったとだけ説明した。

 一方、河野氏は元徴用工問題の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら