[PR]

 埼玉県知事選の投開票翌日から県議会の委員会視察ラッシュとなり、新旧知事交代時に県幹部の一部が視察同行で不在になることがわかった。例年、視察は8月までに大半が終わる。今年は県議選や参院選など大型選挙続きで遅れ、9月半ばには県議会定例会が始まるため、間隙(かんげき)を縫っての実施となる。

 視察は、2委員会が投開票翌日26日から、兵庫・岡山と東北地方にそれぞれ2泊3日で行くのを皮切りに、計15委員会が9月12日までに、2泊3日で9方面、1泊2日で2方面、日帰りで4方面に行く予定。

 28日から2泊3日で京都・大阪に行く県土都市整備常任委は、上田清司知事の任期最終日の30日まで視察で、同行予定の県土整備部長、都市整備部長ら幹部職員は不在となる。

 新知事が初登庁予定の9月2日…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら