[PR]

 通勤手当や出張旅費など総額約9195万円を不正に受け取ったとして、大阪大は21日、大学院高等司法研究科の青江秀史教授(64)を懲戒解雇した。阪大によると、青江教授は受給額の大半について「認識の誤りや事務的なミス」と説明しているという。

 発表によると、青江教授は阪大に採用された2004年、岡山県内の借家から通うと偽り、虚偽作成した賃貸借契約の証明書を提出し、通勤・住居手当を受給。年間の半分は東京の知人宅などに滞在し、宿泊代や日当を出張費として受け取っていた。阪大はカラ出張やタクシー券の不正利用も認定。全額の返還を求めている。