[PR]

 第67回全日本吹奏楽コンクール四国支部大会(四国吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)の2日目が24日、松山市の市民会館大ホールであった。中学Aと大学の各部門に四国4県から計23団体が出場し、中学Aで7団体、大学で1団体が金賞に輝いた。

 金賞の8団体のうち、中学Aで徳島市国府中(徳島)、松山市立西中(愛媛)、徳島市城東中(徳島)、大学で四国大学(徳島)が四国代表に選ばれ、全日本吹奏楽コンクールに出場する。

 徳島市国府中の朝桐芽衣部長(3年)は「練習してきたものが全て出せて、良い演奏になりました。不安がなくなるまで努力して、全国でも金賞を目指します」と語った。松山市立西中の楠優里部長(3年)は「みんなの息が合った表現ができました。全国でも代表にふさわしい演奏ができるよう、更に技術を磨いていくのみです」。徳島市城東中の柿内優花部長(3年)は「最後まで集中はできましたが、一人ひとりの演奏が硬かったです。もっと練習を重ね、自信をつけて全国に挑みます」と意気込んだ。四国大学の加集(かしゅう)彩香部長(3年)は「徳島県大会より落ち着いて、息の合った演奏ができました。終始楽しかったです。全国大会でも楽しく演奏したいです」と喜んだ。

 最終日の25日は高校A、職場・一般の各部門がある。

 全日本は中学の部が10月19日に名古屋市の名古屋国際会議場、大学の部が同26日に青森市のリンクステーションホール青森でそれぞれ開かれる。

     ◇

 24日の成績は次の通り(◎は四国代表)。

 【中学A】金賞=高知大学教育学部付属(高知)、高松市立古高松(香川)、◎徳島市国府(徳島)、◎松山市立西(愛媛)、徳島市八万(徳島)、高知市立愛宕(高知)、◎徳島市城東(徳島)▽銀賞=四国中央市立三島東(愛媛)、高松市立屋島(香川)、北島町立北島(徳島)、今治市立日吉(愛媛)、松山市立椿(愛媛)、丸亀市立綾歌(香川)、今治市立西(愛媛)、伊予市立港南(愛媛)、松山市立勝山(愛媛)▽銅賞=四万十市立中村(高知)、丸亀市立西(香川)、多度津町立多度津(香川)、南国市立香長(高知)、高松市立国分寺(香川)

 【大学】金賞=◎四国大学(徳島)▽銀賞=香川高専詫間(香川)(足立菜摘、平岡春人)

関連ニュース