[PR]

 商店街の店主らが講師となり、蓄積した知識や技術、こつを無料で披露する「天草まちゼミ」が30日から天草市で開かれる。9月30日までの1カ月間、30店舗が52講座を開催予定で、受講生を募集している。

 まちゼミは「得する街のゼミナール」の略で、2003年に愛知県岡崎市で始まり、いまでは全47都道府県に広がっている。5人前後の受講生を集めて行われるミニ講座で、1回1時間~1時間半程度。安心して受講してもらえるよう店舗から販売・勧誘はしない。受講料は無料で、材料費が必要な講座もある。

 今回は「まなぶ」「たべる」「きれい」「けんこう」「つくる」の五つのテーマで講座を設けた。化粧品店では、「キッズセラピストになってみよう!」と題し、子どもがエステセラピストの仕事を体験する親子向け講座がある。子ども用ユニホームも店舗が用意する。このほか、各店舗では「スローエアロビック&運動で履く靴の選び方」「天草版エンディングノートを書いてみよう!」といった講座もある。

 講座の内容や日程を紹介するパ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら