[PR]

 第32回栃木県マーチングコンテストと第18回県小学生バンドフェスティバル(県吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が22日、小山市の県立県南体育館で開かれた。小学校から高校まで計9団体が参加し、会場いっぱいに響く演奏に合わせてチーム全員が整った動きを見せた。審査の結果、8団体が県代表に選ばれた。

 金賞を受賞し県代表に決まった壬生町立南犬飼中学はスカイブルーのそろいのTシャツで登場。聴く者の心を沸き立たせるマーチ「エイプリル・リーフ」を演奏、この日の参加団体の中で最多となる66人が複雑な動きを演じ切った。バトンを手に全員を率いる「ドラムメジャー」を務めた関結夏(ゆいか)さん(3年)は「指導者に言われた通りに『自分が一番可愛い』と思って自信を持ってできました」と話していた。

 代表団体は10月6日に神奈川県小田原市で開かれる東関東大会に出場する。(関根光夫)

   …

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら