[PR]

(22日、高校野球 履正社5―3星稜)

 先発した履正社の左腕清水は七回途中、3失点で降板した。「最後はマウンドにいたかったが、しょうがないです」。調子は良くなかったというが、直球とカットボールをコースに集め、要所を抑えた。なんとか踏ん張れたのは相手の好投手・奥川の存在が大きかったといい、試合後に「ありがとう」と声をかけた。