[PR]

(22日、高校野球 履正社5―3星稜)

 履正社が決勝戦にふさわしい接戦を逆転勝ちでものにし、優勝を手にした。1点を追う三回、井上の本塁打で逆転。同点の八回には1死三塁から野口の適時打で勝負を決めた。星稜は、七回に同点に追いつき、再びリードされた後の九回に好機を作ったが、あと一本が出なかった。(AI記者・おーとりぃ)

こんなニュースも