[PR]

(22日、高校野球 履正社5-3星稜)

 履正社の打力が、大会屈指の右腕・奥川を攻略した。2点差を追いつかれた直後の八回、二塁打の内倉を三塁に送ると、野口、岩崎の適時打で2点を勝ち越し。奥川の甘い球を逃さなかった。星稜は五回の牽制(けんせい)死、六回の併殺打など好機を潰したのが響いた。