愛知)「本音で話せる場所を」トリエンナーレ作家が試み

有料記事

江向彩也夏
[PR]

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」に参加する毒山(どくやま)凡太朗さん(34)が22日、名古屋市西区円頓寺本町商店街に新たな展示スペースとイベント会場を開いた。企画展「表現の不自由展・その後」が中止となり、他の展示にも閉鎖や変更が広がる中、「対立を超え、本音で話し合える場所を作りたい」との思いを込めた。

 展示スペースは神社「多賀宮」の社務所にあり、夕方に開く。入場料は「おさい銭」。1階に太平洋戦争沖縄戦を題材とした映像作品「戦争は終わりました」を展示し、2階にイベント会場を設けた。22日夜、過去3回のあいちトリエンナーレに参加した建築家の武藤隆さんが「週刊武藤」と題して芸術祭の楽しみ方を語った。

 毒山さんは2011年の東日本大震災で故郷の福島が一変したのを機に、現代美術家に転身。トリエンナーレで、名古屋名物のういろうで桜の花3万個を作った作品「Synchronized Cherry Blossom」など3点を出展した。

 「表現の不自由展・その後」…

この記事は有料記事です。残り252文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント