[PR]

 青森市役所駅前庁舎1階に22日、プロバスケットボールB2の青森ワッツとコラボした「ワッツカフェ」が登場した。練習の合間に訪れる選手たちと交流ができるカフェでは、集まったブースター(ファン)が選手たちとの記念撮影を楽しんでいた。26日まで。

 カフェでは軽食や選手との交流、うちわ作りなどを楽しめる。この日は門馬圭二郎主将(24)と北谷稔行アソシエイトヘッドコーチ(38)、新加入の大塚勇人選手(29)が顔を出した。

 チームは2018―19シーズンで15勝45敗と大きく負け越し、東地区で最下位に沈んだ。9月の開幕戦に向け、門馬主将は「接戦を勝ちきりたい」。大塚選手も「若い選手たちを引っ張っていきたい」とブースターに意気込みを語った。

 門馬主将らと写真を撮っていた青森市の黒滝美緒ちゃん(6)は、「勝ってほしい」と笑顔だった。(板倉大地)