[PR]

 自分のもの、であるはずの直感や自由意思。ところが私たちはいま、「確固たる自己」でさえもAI(人工知能)によって揺さぶられる時代を生きている。トランプ大統領が誕生した2016年の大統領選で、フェイスブック(FB)から大量流出した会員情報をもとに、個別に感情に訴えかける広告を表示する選挙戦略が仕掛けられた疑いも浮上した。直感的に選んだものが、実はあるべき方向に向かうように操作されていたら――。自己の選択は、本当に自分のものなのか。AI時代、ヒトは直感といかに向き合えばいいのだろうか。

 高級ブランドバッグのレンタルサービスが人気だ。約3万個から好きなバッグが借り放題。ただ、シャネルばかりを借りていると、グッチはお勧めされなくなる。本当はシャネルもグッチも好きなのに。AI(人工知能)が勧める情報があふれるいま、かえって選択の機会が狭まったように感じるのはなぜか。

 エルメスやルイ・ヴィトンなど…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら