[PR]

 星稜の4番内山が試合で使う打撃用手袋は、3回戦で下した智弁和歌山の1番で主将の黒川からもらったもの。タイブレークにもつれ込んだ延長十四回、3点本塁打で試合が決まった熱戦。試合後に「頑張れよ」と手渡してくれたという。緊張した時にその手袋を見ると、「気持ちが整理できる」。これまで破った相手チームの思いを背負って決勝に臨み、第1打席で左前安打を放った。