[PR]

追跡メイドインジャパン③【分解編】

 ブロニカが組み立てられていた中国・深圳の工場。取材班は輸出前のブロニカを入手した。

 腕にはめると、重さがずっしりくる。香港の腕時計商社の社長は「ロレックスと同じ重さですよ」と話した。スイスの高級ブランドと同じ重さ。その感触が、高級感を与えてくれるような気がした。

 裏ぶたには刻印はなく、研磨されたツルツルの状態だった。社長の説明通りだ。あったのは「Assembled in china(中国で組み立て)」のシールのみ。時刻は日本時間に合わされていた。

 帰国後、大手通販サイトで全く同じブロニカを購入した。値段は9800円。

 数日後、自宅に届いた包装の中を見ると、高級そうな箱が入っている。箱の中を開けると、表は中国で手に入れたものと全く同じ時計だった。

 ただ裏ぶたを見ると、シールはなく、「Made in JAPAN」の刻印に代わっていた。刻印を隅から隅まで探したが中国を示す文字は見当たらない。

「違うメーカーさんのものが出ましたね」

 ブロニカが、中国で組み立てられていることは確認できた。ただ、香港の時計商社社長によると、動力部であるムーブメントは日本製だという。

 深圳で入手したものと日本で購入したものの中身は同じなのか。ムーブメントは日本製なのか。

 実際に確認するため、時計修理会社の大手「共栄産業」(東京都豊島区)に分解を依頼した。

【連載】追跡 メイド・イン・ジャパン
連載記事とともに、取材過程を記録した動画を公開しています。

 まずは、大手通販サイトで購入…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら