[PR]

 太平洋戦争中、沖縄から九州に集団疎開する子どもら約1800人が乗った対馬丸が米軍に撃沈されてから75年となった22日、那覇市で慰霊祭が開かれた。生存者や遺族ら約550人が参列し、鎮魂の祈りを捧げ、平和を願った。

 対馬丸は1944年8月22日午後10時過ぎ、那覇港から長崎に向かう途中、鹿児島県のトカラ列島沖で米潜水艦の魚雷攻撃を受けて沈没した。犠牲者数は確定していないが、対馬丸記念館(那覇市)によると、氏名が判明しているのは学童784人を含む1484人。この日の夜には撃沈時間に合わせ、記念館屋上で追悼式が開かれた。

 対馬丸関係の資料や犠牲者の遺影を展示している対馬丸記念館は、この日で開館15周年を迎えた。記念館を運営する対馬丸記念会の高良政勝理事長は、対馬丸に乗っていた一人。慰霊祭では「これからも対馬丸記念館を通し、争いや戦争のない世界を希求する」と追悼のことばを述べた。

 参列した那覇市の阿嘉(あか)宗徹さん(89)は11歳だった妹の幸子さんを亡くした。「年をとるたびに、(妹が)生きていたら、という思いが強くなる。寂しい思いがする」と語った。

82歳、記念館を訪れて

 那覇市の島袋幸雄さん(82)は22日午前、同市での慰霊祭の前に、近くにある対馬丸記念館を訪れた。兄2人の遺影を展示するためだ。写真パネルを自らの手で据え付けるとつぶやいた。「やっと」。肩の荷が下りた気持ちだった。

 1944年8月、15歳の正一…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら