[PR]

 大阪府警は22日、羽曳野、曽根崎、天満、黒山の4署で計173事件の捜査書類が放置されていたと発表した。うち13事件では証拠品計50点の紛失も発覚。府警は2016年にも同様の捜査書類・証拠品の大量放置で調査結果を公表していたが、今回発覚したのはすべて前回の調査前に作られた捜査書類で、府警は「前回の調査が不十分だった」としている。

 府警によると、新たに放置が発覚したのは、羽曳野署が160事件と大半を占めた。うち11事件で衣類や包丁などの証拠品計47点を紛失していた。160事件では捜査の進展が見込めないケースが105事件あったが、強制わいせつや強盗致傷など22事件はすでに時効を迎え、検察庁に書類を送る必要があったという。

 曽根崎署では、暴行と傷害の計…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら