[PR]

 後続の車に急ブレーキを繰り返したうえで、後続車の運転手の胸ぐらをつかんだとして、大阪府警は、大阪府松原市の僧侶の男(61)を暴行容疑で堺区検に書類送検し、22日に発表した。「パッシングされ、注意してやろうと思った」と容疑を認めているという。

 北堺署によると、男は1月20日午後1時半ごろ、堺市北区の飲食店の駐車場から府道に出た際に、後続の軽乗用車からパッシングされ、軽乗用車を運転していた会社員男性(36)に対して、約2分間に10回近くにわたって急ブレーキを繰り返したうえ、信号で停車した際に降車し、男性の胸ぐらをつかんだ疑いがある。男性は調べに「急に飛び出してきたので1回パッシングした」と説明した。