[PR]

 三重県松阪市は市の三大祭りのひとつ「氏郷まつり」(11月3日)で、武者行列の「旗持ち役」など人気のある役柄を、ふるさと納税の「体験型返礼品」として初めて提供する。今月1日に募集を始めた。

 今年で58回目になるまつりは、松坂城を築いた戦国武将、蒲生氏郷をたたえるもので武者行列が呼び物。返礼品として提供するのは「主旗持ち役」「旗持ち武者役」「家紋持ち役」各1人のほか、今年初めて役を設けた「キリシタン武将役」の2人。1万円以上のふるさと納税(寄付)で応募できる。

 返礼品以外に、乗馬ができる氏郷役、奥方の冬姫役、少年少女武者などは例年同様に一般公募する。いずれも、必要な衣装などは市観光協会で用意する。問い合わせは市観光交流課(0598・53・4406)へ。