[PR]

 韓国大統領府が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA(ジーソミア))の破棄を発表したことを受け、河野太郎外相は22日夜、南官杓(ナムグァンピョ)駐日韓国大使を外務省に呼んで抗議した。南氏は「本国に伝える」と応じたという。河野氏によると正式な破棄の連絡は来ていないという。安倍晋三首相は22日夕、首相官邸を出た際、GSOMIA破棄に関する記者団の質問には左手をあげただけで、答えなかった。

 河野氏はその後、外務省で記者団にGSOMIA(ジーソミア)について「日韓間の安全保障分野における協力と連携を強化し、地域の平和と安定に寄与している」と強調。「それにもかかわらず韓国政府が本協定の終了を決定したことは、現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応と言わざるを得ない」と韓国側を批判した。

 さらに、韓国政府が日本による対韓輸出規制を破棄の理由にあげたことについて「全く次元の異なる問題を混同してこういう決定をしていることに断固として抗議したい」と述べた。「日韓関係は、今回の決定を含め韓国側からの極めて否定的かつ非合理的な動きが相次ぎ、非常に厳しい状況が続いている」と韓国側に問題があると指摘した。

 河野氏は「今の日韓の最大の懸案事項は、韓国の(元徴用工問題をめぐる)大法院判決によって国際法違反の状況が続いていることだ」と従来の立場を強調。「対話を通じて韓国側に賢明な措置をとってもらいたい」とも述べた。