[PR]

 米国のポンペオ国務長官は22日、訪問先のカナダ・オタワで記者会見し、韓国が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA(ジーソミア))の破棄を決めたことについて「失望した」と述べた。米国防総省も「懸念と失望」の声明を出すなど、韓国の決定を批判した。その上で米政府は、ミサイル発射を繰り返す北朝鮮などへの対応について、日韓協力の重要性を強調し、日韓両国に関係改善を求めた。

 ポンペオ氏は記者会見で、同日朝に韓国の康京和(カンギョンファ)外相と話したことを明らかにし、「機密情報を共有する協定に関して行った韓国の決定に失望している」と韓国の対応を非難した。

 その上で「日韓の共通する利益はとても重要であり、それは米国にとっても重要であることは間違いない。我々は、日韓両国がきちんと正常な関係に戻ることができるよう望んでいる」と述べた。

 また米国防総省のイーストバーン報道官は22日午前に声明を発表し、「米日韓が連帯し協力するとき、我々はより強くなり、北東アジアはより安全になる。機密情報の共有は我々が共通の防衛政策と戦略を発展させるカギだ」と強調した。

 さらに同日午後に同報道官は、2度目の声明を発表。「国防総省は、文政権が日本とGSOMIAの延長を行わなかったことに、強い懸念と失望を表明する」と異例の強い調子で批判した。そして「日韓にほかの分野で摩擦があったとしても、防衛と安全保障における相互協力は完全であり続けるべきだと強く信じている」と訴えた。

 同省は2度の声明を出した異例の対応について、両方とも公式な声明だとしつつ、2度目については報道官よりも高位の同省高官や他省とも幅広く調整したものだと説明。2度目の声明が最新で、優位に扱われるものだとしている。

 トランプ大統領やホワイトハウスはコメントしていない。(ワシントン=土佐茂生)