[PR]

 シリア内戦で反体制派の最後の大規模拠点・北西部イドリブ県で、攻勢に出るアサド政権軍が、反体制派を支援するトルコへの警戒をあらわにしている。22日にはトルコ軍の停戦監視所が政権軍から威嚇射撃を受け、緊張が高まっている。

 「アサド政権軍がミサイルや砲撃であらゆる建物を壊している。今退避しないと出られなくなる」。22日午前、政権軍が大半を制圧した同県南部ハーンシェイフンで朝日新聞の取材に応じた反体制派の戦闘員サメル・アブムハンマドさん(35)はこう話して電話を切った。

 ハーンシェイフンは首都ダマス…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら