[PR]

 岩屋毅防衛相は23日、韓国が22日に日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を表明したことについて、「地域の安全保障環境を完全に見誤った対応で、失望を禁じ得ず、極めて遺憾だ」と記者団に語り、河野太郎外相やポンペオ米国務長官らと同様の表現で韓国を批判した。

 今後の北朝鮮問題への対処などについては、「我が国の安全の確保に支障が一切ないように、日米関係を基軸に万全を期していきたい」と述べた。その上で「地域の安全保障を考えた場合、日韓、日米韓の連携は引き続き重要だ。韓国側に再考と賢明な対応を強く求めていきたい」とも語った。一方、日韓の防衛協力について、「ますます困難になりつつある」との見方も示した。

 岩屋氏は「外交ルートを通じて再三にわたり、継続されるべきだとの日本の意思は伝えてきた」と述べ、これまでも協定維持の必要性を繰り返し訴えてきたことを強調。日本側の対応に非がなかったかと問われると、「全くなかった」との認識を示した。