[PR]

 囲碁の第44期碁聖戦五番勝負第5局が23日、東京・市ケ谷の日本棋院で打たれ、挑戦者の羽根直樹九段(43)が許家元(きょかげん)碁聖(21)に白番中押し勝ちし、3勝2敗でタイトルを奪取した。羽根の七大タイトル獲得は2011年の碁聖以来8年ぶり。

 羽根は中部総本部所属。張栩名人(39)らと「平成四天王」のひとりに数えられ、00年代に名人と並ぶタイトルの棋聖、本因坊を獲得するなど活躍したが、井山裕太・現四冠(30)に碁聖を奪われた12年以降、七大タイトルから遠ざかっていた。終局後、「シリーズを通して出来不出来があったが、最後に力を出し切れてよかった」と話した。

 許は昨年、七大タイトルを独占していた井山から碁聖位を奪ったが、連覇はならなかった。(大出公二)