[PR]

 埼玉県秩父地方特産のブドウ品種「ちちぶ山ルビー」が生産の最盛期を迎え始めた。種なしで皮ごと食べられる人気のオリジナル品種で、ブドウ特有の渋みがなく糖度が高いのが特徴だ。生産期間も短く店頭にも並ばないため、「幻のブドウ」とも言われる。23日に秩父市内で品評会があり、関係者は地元の主要品種として育てることを誓っていた。

 秩父ぶどう組合連絡協議会(新井範会長)によると、「ちちぶ山ルビー」はロシアと米国の原産種を配合して、山梨県で生まれた。粒は長さ約2センチの楕円(だえん)形で、秩父地方では1993年に一部農家が苗木を入手して試験栽培を始めた。現在はブドウ農家54軒のうち34軒が生産している。

 スーパーなどの小売店には出さずに農園での販売に限定しており、次第に人気が高まってきた。新井会長によると、若い世代の購買層が多く贈答用として予約する客層も多いといい、「世界では秩父だけでしか食べることのできないブドウ」と胸を張る。

 例年は8月中旬~下旬のわずか…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース