[PR]

 20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、試合ボールをグラウンドに運ぶ「マッチボールデリバリーキッズ」に、愛知県豊明市立豊明中学1年の田中風雅(ふうが)君(12)が選ばれた。28日の日本対アイルランド戦(静岡・エコパスタジアム)で大役を務める。田中君は「選手が最高のプレーができるように、笑顔でボールを運びたい」と意気込む。

 W杯は国内12会場で開催される。大会をサポートする国際輸送会社が企画し、8~15歳の子どもに参加を呼びかけたところ、全国の1152人から応募があり、書類審査などを経て20人が選ばれた。

 田中君は小学4年で、刈谷ラグビースクールに通い始めた。父の環さん(47)から「ラグビーは体が小さくても、足が遅くてもできるスポーツ」と薦められたことがきっかけだ。

 今年から豊田ラグビースクール…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら