[PR]

 35人が犠牲になった京都アニメーション第1スタジオの放火殺人事件で、さいたま市見沼区の無職、青葉真司容疑者(41)=殺人などの容疑で逮捕状=が、京アニ関連のサイトを閲覧していたことが京都府警への取材でわかった。

 府警によると、青葉容疑者の自宅から押収したタブレットやスマホの閲覧履歴から、京アニの関連サイトにアクセスしていたことが確認された。容疑者宅からは、京アニの人気アニメ「響け!ユーフォニアム」の色紙や、京アニが制作に関わった映画「聲(こえ)の形」のパンフレットなど関連商品も押収されている。

 府警は青葉容疑者が京アニの情報収集を始めた時期や経緯について引き続き閲覧履歴の分析を進める。

 また、捜査関係者によると、青…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら