[PR]

 長野県護国神社(長野県松本市)を支える組織「崇敬者会」の会長に阿部守一知事が就いていることが、憲法の政教分離の原則に違反する疑いがあるとの指摘が出ている問題で、阿部知事は23日の定例会見で改めて「私人としての活動であり、違憲ではない」と説明。「ただちに(会長職を)辞任する考えはない」とした。

 阿部知事は会見で、知事としての職務と混同しないよう留意してきたと説明。私人としての信教の自由について「きわめて重要なものだ」と述べ、「憲法に反していないという認識だ」と強調した。会長職の辞任についての考えを問われると「ただちに辞任する考えはない」と否定した。

 一方で「いろいろな考えの方も…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら