[PR]

 武田信玄の父、信虎が甲府に館を構えてから500年となる「開府500年」の今年、晩年の武田信虎を主人公に映画が製作されることになった。仮題は「信虎 1573」。来年7月に全国公開の予定だ。

 信玄が上洛(じょうらく)の夢を果たせず没した後、武田家の存続を目指して動いた信虎と遺臣ら、さらに江戸時代に入ってお家再興を進めた人々を描く。

 23日、甲府市で記者会見した金子修介監督は「狂気とユーモアが内在する人物像を作っていけたらおもしろいと感じている。映画は全世界に向けて作るものだが、山梨の方々には特に見てもらいたい」と話した。

 出演する山梨県出身の俳優2人…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら