[PR]

 茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた「あおり運転事件」をめぐり、無関係の女性について「かかわっていた」というデマがインターネット上で広がりました。自分も「刑事事件に関与した」というデマ被害に長年苦しんできた、お笑い芸人のスマイリーキクチさん(47)は、デマが安易に拡散する状況に警鐘を鳴らします。

 ――またも、事件と無関係な人を容疑者扱いするデマが拡散しました。

 「本当に残念で悲しい。事件に対する怒りの矛先を向ける相手を世間が求めるなかで、こういったデマが広がるのだと思います。その場合、情報が真実であるかどうかなどは関係なく、怒りをぶつける先があればいい。元の情報はだれが書いたのか、正しいのかどうかも疑わない。しかも、ネット上で怒りが共有されることでさらに凶暴化します。『正しいことをしている』という意識で拡散させているので、たちが悪いし、怖いです」

 ――キクチさんも1999年、ある少年事件の犯人だといううその情報を流されました。事件の当事者と同じ出身地で年齢が近いだけだったそうですが。

 「最初は否定すれば、それで終…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら