[PR]

 原爆で壊滅した広島をテーマに作家の故・井上ひさしさんが描いた朗読劇「少年口伝隊(くでんたい) 一九四五」が9月1日、北海道函館市で上演される。被爆直後の広島であった実話に着想を得た作品。戦争の残酷さと平和の尊さを伝える舞台づくりに向け、劇団はこだて(前田健三代表)の役者たちが稽古に励んでいる。

 1945(昭和20)年8月6日朝。広島の「日常」の上に、B29爆撃機が原爆を投下した。一瞬の閃光(せんこう)とともに、「青空が裂けて、天地が砕けた」。「このときから、漢字の広島は、カタカナのヒロシマになった」――函館市内の稽古場に、情感を込めた劇団員の声が響く。毎週2~3回、仕事帰りや休日に集まって練習を重ねている。

 原爆で地元の中国新聞社も被災した。印刷機能を失い、生き残った社員で「口伝隊」を結成。口頭で人々にニュースを知らせて歩いた。この実話を基に、井上さんが亡くなる2年前の2008年に書き下ろしたのが「少年口伝隊」だ。

 孤児になりながらも、新聞社の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら