[PR]

 ロシアのプーチン大統領は23日、臨時の国家安全保障会議を招集し、米国が中距離核戦力(INF)全廃条約の失効を受けて地上発射型中距離ミサイルの発射実験を実施したことを批判し、国防省など関連機関に「同様の対抗措置をとるための準備」を命じた。条約が禁じていたミサイルの実験に着手することを示唆したとみられる。

 米国によるミサイル発射実験は…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら