[PR]

 トヨタ自動車は、2020年の東京五輪・パラリンピックに約3700台の車両を提供すると発表した。競技会場や選手村での移動に使用。約9割を電気自動車(EV)などの電動車にして環境技術をアピールする。

 選手村内の移動に自動運転のEV「eパレット」を十数台導入する。会場周辺の輸送にはEV「APM」約200台を充てる。聖火リレーの隊列車両には人工知能で会話するEV「コンセプト愛i」を使う。大会関係者の移動用に、燃料電池車(FCV)の「ミライ」も約500台提供する。トヨタは「これまでの大会で最高レベルの環境負荷低減をめざす」としている。