[PR]

 24日午前3時15分ごろ、茨城県八千代町平塚の無職大里功さん(76)方から消防を通じて「(男性と女性が)倒れている」と110番通報があった。県警下妻署員が駆けつけると、大里さんが刃物のようなもので胸などを複数箇所刺されており、搬送先の病院で死亡が確認された。妻(73)も腹部などを複数箇所刺されて重傷。県警が殺人事件とみて捜査している。

 県警によると、大里さんは妻と次男(42)と3人暮らし。夫婦は就寝中だった。同じ敷地内の離れに住む次男が、犬の鳴き声を不審に思って母屋に様子を見に行ったところ、2人が倒れているのを見つけ、119番通報したという。現場からは凶器とみられる刃物が見つかった。

 現場となった大里さん宅は、空き地や畑に囲まれ、近くには住宅や工場が点在している。現場付近には広く規制線が張られ、捜査員が行き交っていた。

 大里さんと50年以上付き合いがあるという近くに住む無職男性(62)は、24日午前3時過ぎ、パトカーのサイレンを聞いた。この男性は「夫婦2人は明るい人で、お世話になっているので悲しい」と話した。

 大里さんの次男と同級生だったという八千代町議の大里岳史さん(42)は「以前は夫婦で工場に勤めていた。人から恨まれるようなことをする家族ではない」と話した。