[PR]

 トランプ米大統領は23日、中国からの輸入品計2500億ドル(約26兆円)分にすでに課している制裁関税「1~3弾」について、税率を今の25%から30%に引き上げると表明した。10月1日に実行する。加えて、中国からのすべての輸入品に対象を広げる「第4弾」についても、税率を当初予定の10%から15%に改めるとした。

 トランプ政権が9月1日の発動を表明していた「第4弾」に対し、中国政府が報復関税をかけると表明したことへの対抗手段だとしている。トランプ氏は23日、ツイートで「中国は長きにわたり知的財産侵害や貿易を通じて米国を利用してきた」と改めて批判。「中国は米国製品に新たな関税をかけるべきではなかった」などと主張した。

 米中摩擦は追加関税の掛け合いによって深刻化する一方で、すでに減速の度合いを強める世界経済にとって、さらに大きな打撃となる恐れがある。(ジャクソンホール《米ワイオミング州》=江渕崇)