あおり殴打の容疑者、茨城で代車と同車種の購入仮契約か

有料会員記事

[PR]

 茨城県守谷市の常磐自動車道であおり運転を受けた後に男性会社員(24)が殴られて負傷した事件で、傷害容疑で逮捕された宮崎文夫容疑者(43)=大阪市東住吉区=が茨城県を訪れた理由について「インターネットで紹介されていた中古車販売店まで車を見に行った」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者などによると、宮崎容疑者は7月21日に横浜市のディーラーから代車を借りた。8月9日、犯人蔵匿・隠避容疑で逮捕された交際相手の喜本(きもと)奈津子容疑者(51)=同=とともに、茨城県内の中古車販売店を訪れ、代車と同じ車種の車を購入する仮の契約をしていたという。

 その翌日の10日午前6時1…

この記事は有料会員記事です。残り231文字有料会員になると続きをお読みいただけます。