[PR]

 中国出張中に警察当局に拘束された在香港英国総領事館の男性職員が24日、釈放された。香港メディアなどが伝えた。職員はサイモン・チェン氏で、すでに香港に戻っているという。

 香港メディアなどによると、チェン氏は今月8日、香港に隣接する中国広東省深セン市に出張後、連絡が取れなくなっていた。中国側の説明では、チェン氏は治安や秩序を維持するための治安管理処罰法に違反したとして、15日間の行政拘留処分を受けた。中国メディアは「買春に関与して処分された」とも報じているが、チェン氏の家族は否定している。

 中国と英国は、英国がかつて統治していた香港での抗議デモをめぐって、互いに非難を繰り返すなど関係が悪化している。(香港=西本秀