[PR]

 京都市街を走る路面電車、京福電鉄嵐山線(通称嵐電〈らんでん〉)を舞台に、3組の男女の恋愛を描いた映画「嵐電」の上映が24日、福井市順化1丁目のメトロ劇場で始まった。30日まで、午後3時25分から上映される。

 京都造形芸大映画学科のプロジェクトで、学生とプロが協力して劇場公開作品を作る「北白川派」の第6弾作品。井浦新さんや大西礼芳(あやか)さんらが出演し、映画「ゲゲゲの女房」で知られる同大准教授の鈴木卓爾さん(52)が監督を務めた。

 入場料は一般1700円、大学・専門学校生1300円、高校生まで千円。

■勝山出身・窪瀬さん あ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら