[PR]

 米中両国が再び制裁関税の応酬に踏み込んだ。中国政府が23日に米国からの輸入品への最大10%の関税上乗せを発表すると、トランプ米大統領も、中国からの輸入品への追加関税率を25%から30%に引き上げると表明した。報復の連鎖に歯止めがかからず、世界経済への懸念が強まっている。

 中国政府は23日、米国が9月1日と12月15日に発動を予定する追加関税「第4弾」への報復として、計750億ドル(約8兆円)分の米国製品に、同じ日程で2回に分けて10%と5%の追加関税を上乗せすると発表した。

 これに対し、トランプ氏は23日、中国からの輸入品計2500億ドル(約26兆円)分に25%をかけてきた追加関税「第1~3弾」について、10月1日から税率を30%に引き上げる、とツイート。新たに3千億ドル(約32兆円)分に対して9月と12月に発動する「第4弾」についても、税率を当初予定していた10%から15%に改めると表明した。中国からのほぼすべての輸入品の追加関税率が、5%幅引き上がることになる。

 米中は昨年7月以降、相手国か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら