【動画】防犯カメラに映った人影=近隣住民提供
[PR]

 24日午前3時15分ごろ、茨城県八千代町平塚の男性(42)から「家の中で両親が倒れている。出血がある」と119番通報があった。連絡を受けた県警下妻署員が駆けつけたところ、この家に住む無職大里功さん(76)が刃物のようなもので胸などを複数箇所刺されており、搬送先の病院で死亡が確認された。妻の裕子さん(73)も、腹部を複数箇所刺され、重傷を負った。県警は殺人・殺人未遂事件と判断し、下妻署に捜査本部を設置して調べている。

 捜査本部によると、大里さん一家は功さん、裕子さんと通報した次男の3人暮らし。同じ敷地内の離れに住む次男が、飼い犬の鳴き声を不審に思って母屋に様子を見に行ったところ、功さんは寝室で、裕子さんは縁側で、それぞれ仰向けに倒れているのを見つけたという。現場には刃物が落ちており、捜査本部は犯行に使われたとみている。

 付近の住宅に設置された防犯カメラには24日午前1時半ごろ、大里さん宅の方向に歩いていく人物、同日午前2時50分ごろには逆の方向に勢いよく走り去る人物が映っており、捜査本部が関連を調べている。23日午後8時には、夫婦と次男3人で母屋で食事をしていたという。

 大里さん夫婦に周囲とのトラブルは確認されていないという。