[PR]

 JR西日本は24日、神戸市灘区大和町3丁目の神戸線住吉―六甲道間の高架から、コンクリート片がはがれ落ちたと発表した。

 JR西によると、24日午後2時45分ごろ、付近の住民から通報があったと警察から連絡があり、係員が確認した。コンクリート片は厚さ約3センチ。はがれた範囲は幅約2・9メートル、長さ約6・5メートルで、高さ約5・6メートルから落ちて粉々に割れていた。重さは推定1・3トン。

 落下した場所はJR西の所有地。民間の貸し付け駐車場として利用されていて、軽乗用車1台のフロントガラスが割れるなどしたが、けが人はいなかった。神戸線の運行に影響はないとしている。

 現場の高架は1973年の完成で、昨年8月の点検で異常は見つからなかった。JR西は鉄筋が腐食してはがれたとみて原因を調べるとともに、25日以降、緊急点検する。

 現場はJR三ノ宮駅から北東約5キロの住宅街。