[PR]

 ミュージシャンや文筆家の顔も持つ星野源が、初めて時代劇映画で主役を張った。ただ、大立ち回りで見せる、勇ましい剣豪ではない。人づきあいが大の苦手で、書庫にこもって本の世界に入り浸る「文系」の侍の役だ。

 その作品が「引っ越し大名」。オファーを受けた際は、時代劇とあって、それなりに身構えたという。「松竹映画の時代劇となれば、京都の太秦で撮ることになるでしょうし、きっと独特のルールがあるんだろうな思った」。しかし、原作者でもある土橋章宏が書いた脚本にあった独特の表現が目にとまり、肩の荷がすっと下りたらしい。

 「あるシーンで、偉い侍たちの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら