【動画】英国を拠点に練習を続けるトップパラスイマーの鈴木孝幸選手=斉藤寛子撮影
[PR]

北京パラリンピック金メダリスト 鈴木孝幸選手

 たくましく引き締まった背中が、水の中をぐんぐん進んでいく。

 今月上旬、英国ニューカッスル。パラリンピック金メダリストの鈴木孝幸選手(32)が、いつものように朝から泳ぎ始めた。生まれつき右足がなく、左足も短い。ひじから先がない右腕と、指が3本の左手で、力強く水をかく。

 高校3年だった2004年からパラリンピックに4度出場し、五つのメダルを獲得した。08年北京大会では50メートル平泳ぎの予選で世界記録を更新。13年9月から、勤務先のスポーツ用品大手ゴールドウイン(本社・東京)の研修制度を使い、英国のノーザンブリア大学に留学している。

 16年の前回ブラジル・リオデジャネイロ大会。予選を上位で通過した50メートル平泳ぎだったが、決勝は4位。一つのメダルもとれなかった。「メダルがとれないことは想定していなかった。言葉が見つからない」。ぼうぜんと水面を見つめた。

 大会後、五輪競泳金メダリストの北島康介さん(36)を指導した経験もあるトレーナーにアドバイスを求めた。「まだ僕に伸びしろはありますか」。レースを分析すると、下半身が沈み、後半にスピードが落ちていた。トレーナーと出した結論は、体幹を鍛え直すことだった。

 英国に戻り、大学のスポーツジ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら