[PR]

 北朝鮮の朝鮮中央通信は25日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が24日早朝、新たに研究開発した超大型放射砲(ロケット砲)の試射に立ち会い、発射命令を出したと報じた。北朝鮮が24日、東部の咸鏡南道宣徳(ハムギョンナムドソンドク)付近から発射した飛翔(ひしょう)体2発を指すとみられる。

 同通信は「試射を通じて、超大型放射砲の武器体系のすべての戦術・技術的な特徴が、計画した指標に到達したことが検証された」と指摘。正恩氏は「敵対勢力の増大する軍事的脅威を断固として粉砕する武器開発を強く推し進めなければならない」と述べ、引き続き新兵器の開発を進めていく構えを示した。正恩氏は、24日が北朝鮮が2016年8月24日に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射に成功して3年にあたることも強調したという。

 北朝鮮の労働新聞ホームページ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら