[PR]

 山梨県韮崎市円野町下円井のつぶら野会館前の市道沿いで、「第26回円野町かかし祭り」が開かれている。9月8日午後1時まで。同3日までの見学者の投票で人気賞を決める。

 祭りの実行委員会によると、市内外30団体が制作した66体が並ぶ。かかし大賞に選ばれたのは「円野オリンピック」。バーベルの代わりに米俵を持ち上げる重量挙げ、ハエたたきでバドミントン、温泉でアーティスティックスイミングなどユニークな作品だ。

 米大リーグの大谷翔平選手、米プロバスケットボールNBAの八村塁選手ら世界で活躍する若手アスリートや、9月に日本で開幕するラグビーワールドカップ(W杯)で活躍が期待される日本代表選手を表現するなどスポーツに関係する作品が目立つ。

 実行委の野田美千子委員長は「元号が『令和』に変わるなど新しい時代を迎え、明るくて前向きな作品が目立った」と話す。(田中正一)