[PR]

 金沢市の金沢歌劇座で開かれている第42回全日本おかあさんコーラス全国大会(全日本合唱連盟、朝日新聞社主催、キユーピー協賛)は2日目の25日、東京支部代表の4団体が出場した。「女声合唱団コーロ・ファンタジア」と「女声合唱団ジュディ」が優秀賞の「ひまわり賞」を、「ぽむdeぱん」と「新宿トパーズ」が「おかあさんコーラス賞」を受けた。

 初出場の「ぽむdeぱん」は円陣を組んだ後、ステージへ。横山潤子作曲の子守歌「あざらしのララバイ」を優しい歌声で、「ドゥーニィのヴァイオリン弾き」では手拍子を織り交ぜた軽快な演出を披露した。代表の山口依里さん(48)は「合言葉の『笑顔が一番』を胸に、表現した」。

 「新宿トパーズ」は8回目の出場。31人は、ミュージカル曲のアレンジ2曲を衣装の早着替えを交えながら歌い上げた。1981年の結成で、30年以上続けるメンバーがほとんど。代表の江連ときわさん(69)は「年を重ね変化した、ありのままの姿を見てほしいとワクワクした気持ちで歌い、踊りました」。

 「女声合唱団コーロ・ファンタ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも