[PR]

 第55回全日本合唱コンクール県大会(県合唱連盟、朝日新聞社主催)が25日、秋田市のアトリオン音楽ホールであった。小学校、中学校、高校、大学職場一般の4部門に計17団体が参加し、柔らかな歌声を響かせた。

 小学校の部に今年、全国大会が新設され、秋田市立中通小が県代表に選ばれた。同校は11月3日に東京都である全国大会へ出場する。その他の3部門では計9団体が、9月27~29日に岩手県である東北支部大会への出場権を獲得した。

 各部門の最優秀賞には、中学は湯沢市立湯沢南、高校は県立大曲、大学職場一般は秋田混声合唱団が、それぞれ選ばれた。全4部門の最高賞である全日本合唱連盟理事長賞は、秋田市立中通小が受賞した。

 各団体の成績は次の通り。野城…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも