[PR]

 大阪府高石市の南海羽衣駅とJR東羽衣駅を結ぶ歩行者デッキ(延長約150メートル)が完成し、25日に記念式典があった。公募で決まった愛称は「天女のこみち」。同市名誉市民で日本サッカー協会元会長の川淵三郎さん(82)らが参加して「渡り初め」をした。

 1995年に始まった周辺再開発事業の一環で事業費は約10億円。両駅の乗り換えで地上に降りる必要がなくなった。子育て支援施設や店舗、住宅が入る再開発ビル・イコーネはごろも(23階建て)も完成した。

 川淵さんは式典で、高校を卒業して浪人をしていたころ、妻の康子さん(80)に恋心を抱いた場所が羽衣駅だったと明かし、「この場所でまたいつか多くの愛が育まれることを願っています」と語った。(加戸靖史)