[PR]

 25日午前10時50分ごろ、多摩動物公園(東京都日野市)のインドサイの獣舎で飼育員が倒れているのを同僚が発見し、園を通じて119番通報した。警視庁によると、日野市万願寺5丁目の浅見準一さん(54)が病院に搬送されたが、脇腹や背中に内出血があり、死亡が確認された。同庁は作業中にサイに襲われたとみて調べている。

 日野署と園によると、浅見さんが倒れていたのは来園者向けに公開するスペースとは区切られた飼育施設内で、おりの外の作業用通路。内出血のほかあばら骨も折れていた。おりの中にいるサイが鉄格子の間から角で突くなどした可能性がある。

 サイは全長約3メートル、体重約2トンで、足の皮膚に疾患があった。浅見さんのそばにはサイ用の塗り薬が落ちていた。浅見さんは20年以上の経験があるベテランで、インドサイやインコを担当。連絡がつかなくなったことから同僚が捜していた。

 園は事故を受け同日午後に臨時休園したが、26日は通常通り開園する。